PR

エンタメ エンタメ

ゴールデン帯に異例の「再放送」や「総集編」 コロナ禍で収録中止相次ぎ

 現場スタッフの新作番組収録にかかる負担軽減策として、年末年始などにドラマの再放送を編成する局が増加していた。その経験が今回の騒動に生かせているという。また、新作番組を放送しないことで、「新型コロナウイルス対策にまじめに取り組まなければいけない、という危機感を視聴者と共有できるのではないか」とも話す。

■ □ ■

 一方で、再放送が難しくなっているのが、やや時代をさかのぼったバラエティー番組だという。

 同志社女子大の影山貴彦教授(メディアエンターテインメント論)は、平成時代初期~中期のバラエティー番組について、「現代とはコンプライアンス(法令順守)の意識が違う。かなり際どい企画もあり、再放送で非難されることもあり得るのではないか」と指摘する。一方、「再放送で番組の新たな魅力、『テレビの面白さ』に気づくこともある」(影山教授)のも事実で、放送局の判断力が必要となりそうだ。

 新型コロナの影響は直近の番組にとどまらない。今夏に予定されていた東京五輪・パラリンピックは延期が決まり、NHKと民放は、競技の中継と大量の関連特番が全て空白となった。これをどのようなコンテンツで埋めるのか。

 影山教授は、「テレビが大きく変化する曲がり角に差し掛かっている。再放送が魅力的なコンテンツとなれるか、見せ方を考えるよい機会になる」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ