PR

エンタメ エンタメ

ゴールデン帯に異例の「再放送」や「総集編」 コロナ禍で収録中止相次ぎ

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の気配を見せない。スポーツ大会や各種イベントは軒並み中止や延期、ドラマ撮影も一時中断が相次ぎ、テレビ各局は放送スケジュールの大幅変更を余儀なくされている。この時期、ゴールデンプライム帯(午後7~11時)では通常みられない「再放送」や「総集編」を放送するなど異例の事態だ。(石井那納子)

■ □ ■

 新年度が始まり、多くの視聴者が4月スタートの新番組を心待ちにする中での混乱だ。

 今月1日、NHKは新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」と連続テレビ小説「エール」の収録を当面見合わせると発表した。

 TBSも同日、ドラマの撮影スケジュールに影響が出ているとして、4月スタートのドラマ「半沢直樹」「私の家政夫ナギサさん」「MIU404」の放送開始を延期する考えを明らかにした。当初はそれぞれ、19日、14日、10日に始まる予定だった。

 この穴埋めとして、同局は過去に高視聴率を記録、また、“ドラマ好き”の評価の高かった作品の再放送を決定。5日午後9時から放送された日曜劇場「下町ロケット」特別総集編の第1週は、世帯平均の視聴率が9・0%を記録した。そのほか、話数未定で放送される医療ドラマ「コウノドリ」傑作選にも関心が集まる。

■ □ ■

 日本テレビの「未満警察 ミッドナイトランナー」と「ハケンの品格」、フジテレビ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」、テレビ朝日「BG~身辺警護人~」、テレビ東京「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」なども放送開始延期が決定した。

 SNS上では「#再放送希望ドラマ」というハッシュタグを付けた投稿が目立ち、過去の名作の放送を期待する視聴者が多いことをうかがわせる。

 在京キー局でドラマ制作に携わってきた男性プロデューサーは、「ドラマならば年末年始の一挙再放送や、アンコール放送などで制作陣に実績が既にある。視聴率や広告主の反応も期待できる」と明かす。

 近年、働き方改革が加速していたことも「再放送」での対応を後押ししているようだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ