PR

エンタメ エンタメ

テレビ制作、迫られる「コロナ」対応 「半沢直樹」が放送延期、大河、朝ドラ収録に影響も

 同局の高野学総合編成局長は、旅バラエティー番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」について、「コロナ感染の問題が始まってからロケはしていない。人情、触れあいが大切な番組なので今の状況は苦しいが、番組ファンの安全を第一に考えて裏切らないようにしたい」と話した。同局の「モヤモヤさまぁ~ず2」「家、ついて行ってイイですか?」などもロケを控えているという。

 スタジオ収録にも影響は及ぶ。各局とも一般の観覧者の入場を中止し無観客で収録しているほか、ニュースや情報番組でもキャスターや出演者の立ち位置を離し、一定の距離を取る対策が取られている。ある民放関係者は「この状態が続くと、番組制作の方法を根本的に見直さなくてはいけない」とため息をつく。

 外出自粛要請により在宅時間が増えたためか、テレビの視聴率は2月中旬以降、全体に底上げされている。身近なエンタメ・情報源として、テレビはなくてはならないが、NHKとTBS、テレビ東京では子会社社員や契約スタッフ、派遣社員の感染が判明。テレビ朝日でもヒーロー戦隊番組の主演俳優の新型コロナ感染が明らかになるなど、影響は出演者やスタッフに及ぶ。フジテレビの遠藤龍之介社長は「各局の瞬発力や企画力が、より問われる年になると思う」と、制作側に一層の工夫が求められるとの見解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ