PR

エンタメ エンタメ

受賞作など62本、初の上映中止 新型コロナで高崎映画祭

 群馬県高崎市で20日から始まる予定の「第34回高崎映画祭」の作品上映について同映画祭委員会は13日、すべて中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての措置で、上映中止は初めて。

 今年の映画祭は、4月5日まで最優秀作品賞に選んだ「嵐電」(鈴木卓爾監督)など62本を高崎芸術劇場(高崎市栄町)など4会場で上映することにしていた。映画祭の志尾睦子プロデューサーは「今の状況を考えると、中止は最善の策だろうが、残念。身を切られる思い」などと話した。

 鑑賞チケットの払い戻しなどの問い合わせは、映画祭事務局(027・388・9649)。

 22日に無観客で予定しているホテルメトロポリタン高崎(同市八島町)での授賞式は予定通り実施する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ