PR

エンタメ エンタメ

民放キー局もネット同時配信へ 秋以降、テレビ離れに対応

秋以降、民放キー局もネット同時配信へ
秋以降、民放キー局もネット同時配信へ

 民放キー局5局が今秋以降、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す同時配信を始める方向で準備していることが1日、分かった。テレビ離れが進んでいるとされる若者層を中心に、スマートフォンなどで広く番組を見てもらうのが狙い。民放は採算が合わないと慎重だったが、3月から同時配信を始めるNHKに追随。放送と通信の融合が本格化する。

 各局の関係者によると、同時配信は需要がある時間帯に限定する。日本テレビは10月開始を目指し、ゴールデンタイム(午後7~10時)やプライムタイム(同7~11時)で検討。テレビ朝日やTBS、フジテレビなども準備を進めており、若者の視聴者が多いとされる深夜帯のドラマやバラエティー番組の配信可能性を探っている局もある。

 各局は夏の東京五輪・パラリンピック中継は同時配信する見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ