PR

エンタメ エンタメ

【NHK前田新会長就任会見】(2)「受信者の納得なければ存在価値なし」

会見にのぞむ前田晃伸新会長=27日午後、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)
会見にのぞむ前田晃伸新会長=27日午後、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)

 新しくNHKの会長に就任した、みずほフィナンシャルグループ(FG)元会長の前田晃伸(てるのぶ)氏(75)が27日、東京都渋谷区のNHK放送センターで就任記者会見に臨んだ。主な発言は以下の通り。 

 --受信料や子会社の統合などについて、これからの3年間、どのように向き合っていくか

 「ご指摘を真摯(しんし)に受け止め、真正面からやっていきたい。受信料は下げればいいということではない。全体の収支を見ながら計画しないと。経営環境そのものを見ながら決めるしかないのではないか」

 --NHKの財務体質をどうみるか

 「株式会社ではないので、収入と支出だけを見ても。特殊法人なのでなんとも言いようがない。受信料で成り立っている放送なので、受信者が納得する番組・報道を続けるというのが答え。それを続けない限り、逆に存在価値はない。そちらから考えるのが筋と思う。適正規模がいくら、というのはなかなか難しい。国民が判断する話」

 --コストカットの余地はあるとみるか

 「コストを引き下げる努力をする余地はあると思う。ただ切り下げるだけが経営ではない。いい番組を作るにはコストがかかる場合もある。結果として番組に反映されるが、番組の評価がよくなければ、コスト以前の問題だと思っている。単純な話にしない方がいい。NHKはプロの集団。プロが本気でいい番組を作ることに全力投球してほしい。ただコスト意識はもってほしいというのは全職員にお願いした」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ