PR

エンタメ エンタメ

【NHK前田会長就任会見】(1)「コスト意識持って番組制作」「右、左でなく真ん中に」

 「近年毎年のように起きている大規模な自然災害への対応は、公共放送の一丁目一番地だと考える。首都直下地震、南海トラフ地震などへの備えを万全にしていく」

 「NHKグループで働くすべての人が、健康で生き生きと仕事ができるよう力を尽くし、働き方改革を進める。業務と受信料、ガバナンスの見直しは不断に取り組んでいく。2020年は公共メディアとしてNHKの進化が問われる。視聴者の意見に謙虚に受け止め、番組作りに生かしていく」

【一問一答】

 --民主主義の発展のため組織運営について、どこに軸を置くのか

 「右とか左とかではなく、真ん中に立つことだと思う」

 --政治との距離についての考え方

 「権力が報道機関から批判されるのは当然であり、それが民主主義である。与党にも野党にも傾かない、それが私の信念」

 --財界人が安倍(晋三)首相を囲む「四季の会」は退会したのか

 「入会、退会という手続きがあるかどうかもよく分からない。安倍総理だけにかかわらず、政治家を囲む会には多数参加している。安倍総理だけというものではない。参加して悪いことが起きるとは思っていない。個別に判断する」

 --かんぽ問題について

 「報道を通してしか知らないが、適切に対応したと聞いている」

 --インターネットを活用した常時同時配信が始まる。インターネットのみの視聴者からも受信料を徴収するのか

 「インターネットは社会インフラとして普及している。放送法でも認められたので正々と対応していけばよいと思う。テレビ離れが指摘されるが、テレビがなくなることはないだろう。ネットだけの視聴者の受信料をどうするかは、やってみないと分からないのではないか、というのが私の考え。そのときになって考えていく必要があると考えている」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ