PR

エンタメ エンタメ

【THE INTERVIEW】漫画家・ちばてつやさん

『あしたのジョー』の主人公、矢吹丈を背景に「いわゆる大人が読む漫画に動いていくきっかけとなった。すごく印象に残る作品です」と振り返る (酒巻俊介撮影)
『あしたのジョー』の主人公、矢吹丈を背景に「いわゆる大人が読む漫画に動いていくきっかけとなった。すごく印象に残る作品です」と振り返る (酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 □ひねもすのたり日記 (小学館・1150円+税など)

 ■戦争体験・漫画との出会い「絵日記」に

 漫画界のレジェンドが手掛ける18年ぶりの“新作”だ。子供時代の旧満州からの引き揚げ、戦後の漫画文化の発展と歩んだ日々、そして80代を迎えた現在…。人生の悲哀から生きる喜びまでが詰まった直筆の「絵日記」だが、こんな面白い日記はそうそうない。

 漫画誌「ビッグコミック」の巻末で連載。水木しげるさんから引き継ぐ形で平成27年に始めた。第1集では敗戦による引き揚げの日々が主に描かれる。乳飲み子含め4人の子供を連れた一家の決死の逃避行に、さっきまで遊んでいた友人の突然の死。当時の悲惨さがありありと伝わる。

 「読むと楽しくなったり、癒やされたりするのが漫画の役割。(過去には)つらい話が多く、できるだけ描きたくなかったんです」

 年齢や健康面のこともあり、当初は連載を続ける自信がなかった。それでも描き始めたのは、「同じ境遇にいて亡くなった人たちがたくさんいたけど、私は生き残った」からだという。

その他の写真を見る(2/2枚)

 「水木さんも戦争の話を描いた。描き残すのが自分に残された使命なんじゃないか。体力が続く限り描いてみよう-と思いました」

 ただ、つらい思い出ばかりではない。大連での海水浴など、子供目線の楽しい日々も描かれる。特筆すべきは、描かれた食べ物がどれも実においしそうなこと。大連のホテルで食べたオレンジ色のチーズ。命からがらたどり着いた本土で食べた銀シャリのおにぎり…。目頭が熱くなりながらも、読んでいておなかがすく。

 ちば少年と漫画との出会いも描かれる。7歳のとき、畦道(あぜみち)に落ちていた漫画を拾い、あまりの面白さに衝撃を受けたという。「その晩、漫画嫌いの母から漫画を破り捨てられました。それでも、あのときの感動が忘れられなかった。隠れてのめり込みましたね」

 成長後いろいろなアルバイトに挑戦するも、要領が悪く失敗の連続。親からも「どうやって生きてくんだか」と心配されたちば青年は、17歳で「天職」の職業漫画家の道を歩み始める。だが、締め切りに追われ、幻覚まで見えた激務の日々に、体調はもう限界。「漫画家をやめよう」と決意する。

 そんなとき、たまたまもらった仕事が念願の少年漫画。当時大人気のプロ野球を題材にした『ちかいの魔球』の作画を手掛けた。野球のことは全然知らなかったが、担当編集者が文字通り、手取り足取り野球のことを教えてくれた。キャッチボールで長年の運動不足と体調不良も解決した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ