PR

エンタメ エンタメ

熱演の広瀬すず「頭痛で寝込んだ」 岩井俊二監督新作「ラストレター」

手紙が重要な小道具になる映画「ラストレター」。自身もメールより手紙派という女優の広瀬すず=東京都千代田区(石井健撮影)
手紙が重要な小道具になる映画「ラストレター」。自身もメールより手紙派という女優の広瀬すず=東京都千代田区(石井健撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 4年ぶりの新作で、松たか子(42)ら過去作の主演陣が大挙出演していることも話題の岩井俊二監督(56)の「ラストレター」。主演の一人、広瀬すず(21)は「居心地はよかったけれど、頭痛で寝込んでしまった」と撮影を振り返る。何があったのか?(石井健)

 「リップヴァンウィンクルの花嫁」(平成28年)以来の岩井監督の新作だ。「叙情」と「闇」という人の心の両極を作品ごとに作り分けてきたが、新作は両者を一つの世界に描いた。題名は代表作「Love Letter」(7年)を想起させ、同作の中山美穂(49)と豊川悦司(57)も出演するなど、新作は岩井監督の才能と資質を総結集させたといっていい。

 広瀬は、高校生の遠野鮎美とその母、未咲の高校時代の2役を演じる。未咲の妹、裕里(ゆうり)を演じる森七菜(なな、18)も、裕里の娘、颯香(そよか)と2役。若い広瀬と森は、いわばこの作品の叙情の象徴だ。

 「さらっとしていて、すごく居やすかった」。広瀬は、初参加の“岩井組”の雰囲気を独特の言葉で表す。岩井監督の下、スタッフも俳優も以心伝心で円滑に動いていたという。

 松が演じる長じた裕里が、姉の同窓会に代理で出席。かつて憧れた乙坂鏡史郎(福山雅治)と再会し、手紙を出したことで止まっていた時間が動き出す。だが、その結果…。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ