PR

エンタメ エンタメ

「表現者としての仕事」 片渕須直監督が「この世界の片隅に」新作を作った理由

片渕須直監督(石井健撮影)
片渕須直監督(石井健撮影)

 大ヒットした長編アニメーション映画「この世界の片隅に」(平成28年)に新たな場面を追加した「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が、順次公開されている。片渕須直(すなお)監督(59)は、ただの長尺版ではなく“新作”なのだという。作品への思いなどを聞いた。(石井健、写真も)

 新作は昨年12月20日から上映が始まり、片渕監督は舞台あいさつなどのため各地の映画館を飛び回っている。仕事納めの日の夜は、川崎市の映画館でマイクを握っていた。

 「遠い時代も今とつながっていて、そこにいた人たちの気持ちも、今の僕たちの気持ちと同じなんだ。そんなふうに見ていただきたくて、28年の『この世界の片隅に』とは、もうひとつ違う映画として、この新作を作りました」

× × ×

 「この世界の片隅に」は、漫画家、こうの史代(ふみよ)(51)の同名漫画が原作。片渕監督は、知人に勧められて22年に漫画を手にし、「アニメにしたい」とこうのに手紙を書いた。

 実はこうのは、普段の暮らしを描いて物語を成立させた片渕監督のテレビアニメ「名犬ラッシー」を一つのきっかけに、「この世界の片隅に」を描いた。その片渕監督からの手紙を「運命的」と驚いた。

× × ×

 主人公は絵を描くことが好きな広島市の少女、すず。映画「この世界の片隅に」で片渕監督は、昭和8年のクリスマスから21年1月までのすずの暮らしを描いた。19年に広島県呉市に嫁いだすずの普段の暮らしが、先の大戦に踏みにじられていく。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ