PR

エンタメ エンタメ

「頭取 野崎修平」織田裕二 不条理と戦う 勇気届け

インタビューに応じる織田裕二さん=東京都港区(宮崎瑞穂撮影)
インタビューに応じる織田裕二さん=東京都港区(宮崎瑞穂撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 周良貨(しゅうりょうか)原作、能田茂(のだしげる)作画による人気経済漫画をもとにした「連続ドラマW 頭取 野崎修平」(全5話)がWOWOWで19日から放送される。昨年、同局で放送された「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の続編で、銀行の不正を暴くべく奮闘した織田裕二演じる野崎が、頭取に出世して戻ってくる。織田は「同じ人物なのに役職が違うと見える景色が全く違う。コンプライアンス(法令順守)が重視される現代に合った物語で、非常にやりがいがある」と語る。(石井那納子)

 WOWOWのドラマはオリジナル作品も豊富な一方、池井戸潤、清武英利、横山秀夫ら人気作家の物語を原作とする社会派作品に定評がある。原作を忠実に再現することに重きを置いた骨太な脚本と演出で、出演者のファンだけでなく、原作者のファンも視聴者に取り込んできた。

 前作の「監査役-」は、バブル経済が崩壊し“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した平成10年前後が舞台。「おおぞら銀行」で正義を貫くため奮闘する野崎の雄姿を描いた。まさにWOWOWの王道ともいえるつくりで、織田は「嫌な登場人物もいて、前回は、家に帰ったら必ずビールを飲んで毒を出さないと眠れないような毎日だった」と明かす。「これが新橋で一杯やらずには帰れないサラリーマンの気分かと実感した。それはそれで、貴重な体験でしたけど」と笑う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ