PR

エンタメ エンタメ

茨城県公認Vチューバー「茨ひより」が初の出前講座 小学生にクイズで魅力紹介

児童たちにクイズを出題するVチューバーの「茨ひより」=19日午後、茨城県筑西市西方(永井大輔撮影)
児童たちにクイズを出題するVチューバーの「茨ひより」=19日午後、茨城県筑西市西方(永井大輔撮影)

 全国初の自治体公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)として茨城県のPR活動を展開している「茨(いばら)ひより」が19日、県内の小学校での初の「出前講座」に臨み、クイズなどを通じて児童たちに茨城の魅力を紹介した。

 茨ひよりはコンピューターグラフィックス(CG)で描かれた女性キャラクターで、県の動画サイト「いばキラTV」の公式アナウンサーを務める県職員という設定で活動している。

 講座は、同県筑西市の市立大田小の6年生約100人を対象に「一緒に茨城県の魅力を発信しよう」と題して行われた。茨ひよりが茨城の特産品や観光地に関するクイズを次々に出題し、筑西市の特産品「こだますいか」に関する問題が出ると、児童から一段と大きな歓声が起きた。

 茨ひよりの存在を初めて知ったという堀江啓斗さん(11)は「クイズで楽しく地元のことを知ることができた。家に帰ってからインターネットで茨ひよりの動画を探してみたい」と笑顔を見せた。

 講座を企画した県プロモーション戦略チームの担当者は「職員だけで実施した講座よりも子供たちの反応が良く、茨ひよりが子供にも受け入れられやすいと実感した」と手応えを語った。  

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ