PR

エンタメ エンタメ

「アナ雪2」エンディングソングを射止めた19歳新人は

「アナと雪の女王2」の「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」のエンドソング版でデビューした歌手の中元みずき=東京都渋谷区(石井健撮影)
「アナと雪の女王2」の「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」のエンドソング版でデビューした歌手の中元みずき=東京都渋谷区(石井健撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大ヒット公開中のアニメーション映画「アナと雪の女王2」のエンドソング「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を、新人歌手が歌って話題になっている。前作の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」は大人気で多くの人が口ずさんだ。大役を担った19歳。その素顔は-。(石井健)

 映画の大団円の後に流れるのがエンドソングだ。今回歌っているのは中元(なかもと)みずきという歌手。これがデビュー曲となる新人だ。ディズニー映画のエンドソングを新人が歌った例は、過去にないという。例えば前作では、デビュー9年目(当時)のMay J.(31)が歌った。中元が大抜擢(だいばってき)であることが分かる。

 「私自身と重なる部分が多い歌。私もこの歌の歌詞のように、未知の旅へ踏み出します」

♪ ♪ ♪

 平成12年、広島市生まれ。姉がいる。

 「私も、(アナのように)お姉ちゃんに何かあったら、助けに行くかも。アナに似ていると思います」

 音楽がかかると踊り出すような子供だった。保育園の園長の勧めで市内のダンススクールに入り、5歳から歌とダンスの勉強を始めた。中学生の時、EXILE(エグザイル)が開校したアーティスト養成学校の大阪校に通うため家族で広島から引っ越し、さらに東京校に移るため家族で上京した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ