PR

エンタメ エンタメ

BS4K8K放送開始1周年セレモニー 深田恭子さん登場 「臨場感がすごい」

新4K8K衛星放送1周年セレモニーに登場した深田恭子=28日、東京都千代田区(兼松康撮影)
新4K8K衛星放送1周年セレモニーに登場した深田恭子=28日、東京都千代田区(兼松康撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 一般社団法人「放送サービス高度化推進協会」(A-PAB)は28日、12月1日に迎える新4K8K衛星放送の開始1周年を前に、記念セレモニーを東京都千代田区の千代田放送会館で行った。

 同協会の福田俊男理事長は、4K8K放送を視聴できる受信機器の普及が順調に伸びているとした上で、「2年目に向けた態勢が整ってきた。来年はいよいよオリンピックイヤー。イベントそのものが、NHKと民放の協力で取り組んでいただけると、いっそう(普及に)弾みがつくと期待している」とあいさつした。

 セレモニーでは、「4K8K推進キャラクター」を務める女優の深田恭子さんが登場。深田さんは日本代表が史上初の8強に進出したラグビーワールドカップなども4Kテレビで観戦したと話し、「スポーツ番組は臨場感がすごい。(4K対応テレビを)買ってよかった」と笑顔を見せた。

 約2年間、推進キャラクターを務めた深田さんは、今回のイベントで、同キャラクターを“卒業”。福田会長が感謝状を贈った。

 A-PABによると、新4K8K衛星放送の視聴可能機器台数は、チューナー内蔵テレビ、外付けチューナー、ケーブルテレビ用のチューナー内蔵セットトップボックスを合わせ、10月末時点で218万6千台となり、初めて200万台を超えた。

 特にチューナー内蔵テレビは、今年5月まで月6万~7万台程度の普及にとどまっていたが、6月以降は同15万~19万台程度にまで伸びた。消費税増税後の10月以降も落ち込んでいないことから、A-PABでは、「冬のボーナス商戦などでのさらなる積み上げが期待される」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ