PR

エンタメ エンタメ

フジテレビヤングシナリオ大賞に中村允俊さん「パニックコマーシャル」

「第31回フジテレビヤングシナリオ大賞」の受賞者ら=27日、東京都港区
「第31回フジテレビヤングシナリオ大賞」の受賞者ら=27日、東京都港区

 若手脚本家の登竜門といわれるシナリオコンクール「フジテレビヤングシナリオ大賞」の第31回受賞作品の選考結果が27日発表され、大賞が東京都在住の会社員、中村允俊(まさとし)さん(28)の「パニックコマーシャル」に贈られた。賞金は500万円。同作品はドラマ化され、12月16日午前1時15分からフジテレビで放送を予定している。応募総数は1733編だった。

 「パニックコマーシャル」はCM制作現場を舞台にしたコメディー。おしゃれなCMづくりに燃える若手クリエーティブデイレクターを主役に、実際に起こりうるさまざまな展開を緊張感とともにコミカルに描き、エンターテインメント性の高い作品に仕上げたことが評価された。

 同日、東京都港区のフジテレビで会見した中村さんは「20歳までに脚本家になりたいと思っていたがだめで、もうダメかなと思ったところで大賞をいただけた。これからも頑張っていきたい」と喜びを語った。

 過去の大賞受賞者からは、野島伸司さんや野木亜紀子さんら人気作家を輩出している。中村さんは今後について「ジャンルを問わずいろいろな脚本を書いて、インターネットを通じて世界の人たちにも拡散されるような面白いドラマを作りたい」と目標を掲げた。

 佳作(賞金各100万円)は上田迅さん(31)の「藁の上の禿頭」、四反田(したんだ)凛太さん(16)の「東京まではあと何歩」、遠藤大輔さん(38)の「ヒトノカケラ」の3編だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ