PR

エンタメ エンタメ

成田空港にアニメ空間 訪日客にアピール アムロ役声優・古谷徹さん「こんなにうれしいことはない」

成田アニメデッキに設置された「機動戦士ガンダム」の実物大の頭部モニュメントの前で記念撮影をする同作品の総監督でアニメツーリズム協会会長の富野由悠季さん(中央)ら=27日、成田空港(城之内和義撮影)
成田アニメデッキに設置された「機動戦士ガンダム」の実物大の頭部モニュメントの前で記念撮影をする同作品の総監督でアニメツーリズム協会会長の富野由悠季さん(中央)ら=27日、成田空港(城之内和義撮影)

 成田空港に28日、日本のアニメをテーマにしたエリアが新設される。通路の壁面にキャラクターのイラストを展示する「成田アニメロード」と、オリジナルグッズの販売や人気作品のコラボメニューを提供するカフェなどを設置する「成田アニメデッキ」で、海外でも人気の高い日本のアニメの魅力を訪日外国人客にアピールする。27日には発表会が開かれ、「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイ役などで知られる声優の古谷徹さんがトークイベントに登場し、「こんなにうれしいことはない」と同作の名言を再現して喜びを語った。

 成田アニメロードは、第2ターミナル本館2階の全長60メートルを超える通路の壁面に、アニメのキャラクターが日本の四季それぞれの象徴的な光景とともに描かれている。春は満開の桜を背景に「名探偵コナン」の登場人物のパネルが並び、冬は富士山につかみかかろうとするかのような「進撃の巨人」など、海外でも人気の高い作品が並ぶ。アニメにゆかりの地を観光資源として活用し、訪日客の誘致促進を目指す一般社団法人「アニメツーリズム協会」(富野由悠季=よしゆき=会長)と成田国際空港会社(田村明比古=あきひこ=社長)が設置した。

 隣接する成田アニメデッキは、出版大手「KADOKAWA」(松原眞樹社長)のプロデュースによる体験型エンターテインメント施設として、約760平方メートルのスペースにグッズショップ、カフェ、レストランを展開する。人気アニメやゲームのグッズ、同店でしか手に入らないオリジナル商品を販売するほか、カフェではコラボメニューの提供やメイド服姿のスタッフによるおもてなしなど、日本のアニメを通じて旅の思い出づくりができる仕掛けを用意。店内にはステージも併設され、今後は声優によるステージショーなどのイベントも予定している。

 発表会で同協会の角川歴彦(つぐひこ)理事長は「ここがアニメツーリズムのひとつのモデルになる。日本のアニメがいかに地域振興に役立つか。そこに挑戦していきたい」と展望を語った。古谷さんは「海外のイベント参加するため年に数回、成田空港から飛び立っている。今後は1、2時間早くここに遊びに来て、いっぱいグッズを買ってしまうのではないか。楽しみにしている」と期待に胸を膨らませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ