PR

エンタメ エンタメ

「風の谷のナウシカ」歌舞伎化 新橋演舞場、来月6日から 尾上菊之助「ジブリファンも納得できる作品に」

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の製作発表をする(右から)ナウシカ役の尾上菊之助とクシャナ役の中村七之助(水沼啓子撮影)
新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の製作発表をする(右から)ナウシカ役の尾上菊之助とクシャナ役の中村七之助(水沼啓子撮影)

 宮崎駿(はやお)の漫画「風の谷のナウシカ」(全7巻)が昼夜通しの新作歌舞伎として、東京・新橋演舞場で12月6日から上演される。歌舞伎俳優、尾上菊之助の「ぜひ歌舞伎として上演したい」という強い思いから約5年前に動き出した。ナウシカ役の菊之助とクシャナ役の中村七之助らが作品に寄せる思いを語った。

 テレビで初めてアニメーション映画版を見たという菊之助は、「絵の力、ナウシカという女性が持っている力強さ、そして可憐(かれん)さにひかれた。(その後)原作を読み、そのテーマ性や壮大さにますますひかれた」と語った。

 菊之助は、原作には戦争やエネルギー、環境、核、遺伝子の問題まで描かれていると指摘。「歌舞伎化したときにどうなるのか、自分自身わくわくしている。どんな化学反応を起こすのかが楽しみ」と話した。

 映画版を10回以上見ているという七之助は、菊之助から出演を依頼され、即快諾。クシャナについて「格好良く、でも、最初は悪人として出てくる」。一方で、「この道を進まないといけないという、かわいそうな女性でもあると思う」と話し、力強さだけでなく心の揺れも演じていきたいとした。

 鈴木敏夫スタジオジブリ代表取締役プロデューサーは「本当に精魂込めて、自分の思っているものをすべてぶつけた作品」と宮崎監督の思いを披露。これまで監督は実写映画化の話などをすべて断ってきたため、歌舞伎化についても「当然、断ると思っていた」が、「『やろうよ』と言ってくれた」と明かした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ