PR

エンタメ エンタメ

東京国際映画祭が閉幕 最高賞に「わたしの叔父さん」

東京国際映画祭の授賞式で写真納まる最高賞を受賞したフラレ・ピーダセン監督(前列中央)ら。前列右から2人目は最優秀脚本賞の足立紳さん=5日午後、東京都千代田区
東京国際映画祭の授賞式で写真納まる最高賞を受賞したフラレ・ピーダセン監督(前列中央)ら。前列右から2人目は最優秀脚本賞の足立紳さん=5日午後、東京都千代田区

 東京・六本木ヒルズなどで開かれていた第32回東京国際映画祭が5日、閉幕した。コンペティション部門の各賞が発表され、最高賞「東京グランプリ」は、デンマークの「わたしの叔父さん」(フラレ・ピーダセン監督)が獲得した。

 審査委員長で女優のチャン・ツィイーは「抑制的で繊細なカメラワークで、忘れ去られた人間の情感をとても素晴らしく描いていた」と評価した。

 フラレ・ピーダセン監督は「インディペンデント部門の小さな作品で、スタッフも少人数で一生懸命撮った。非常に光栄」と受賞を喜んだ。

 一般観客を対象にした投票で最も多くの支持を得た「観客賞」には、フランスの「動物だけが知っている」(ドミニク・モル監督)が選ばれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ