PR

エンタメ エンタメ

NHK朝ドラ「エール」、脚本家が交代 「制作上の都合」

 NHKは5日、来春放送の連続テレビ小説「エール」の脚本家が、林宏司さんから、清水友佳子さんと嶋田うれ葉さんらに交代すると発表した。理由は「制作上の都合」で、詳細については「制作過程の詳細については回答を控える」(広報部)としている。

 エールは、「栄冠は君に輝く」や「オリンピック・マーチ」など数々の名曲を残した作曲家、古関裕而(ゆうじ)さんと妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くドラマ。主演は俳優の窪田正孝さん(31)で、女優の二階堂ふみさん(25)が妻役を担当する。

 林さんから交代する清水さんはドラマ「わたし、定時で帰ります。」など、嶋田さんはドラマ「隠蔽捜査」などの脚本を担当。NHKによると、2人に加えて番組スタッフが執筆することになるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ