PR

エンタメ エンタメ

テレビ朝日・TBS… 相次ぐ「やらせ」なぜ

記者会見で頭を下げるテレビ朝日の幹部=東京都港区(福島範和撮影)
記者会見で頭を下げるテレビ朝日の幹部=東京都港区(福島範和撮影)

 ■「見せたい」と「見たい」に乖離/視聴者、フェイクニュース敏感に

 人気バラエティー番組で相次いだ“やらせ”や“不適切な演出”の問題が、報道番組にも及んだ。テレビ朝日は、今年3月に放送された平日夕方の報道番組「スーパーJチャンネル」で“やらせ”があったと明らかにした。同局は謝罪に追われ、早河洋会長らが役員報酬1カ月分の10%を返上するなどの処分に発展。識者からは、フェイクニュースに敏感になっている一般視聴者と、制作者との意識の乖離(かいり)を指摘する声も聞かれる。(石井那納子)

 テレビ朝日によると、問題となったのは今年3月15日に放送した同番組内の企画「業務用スーパーの意外な利用法」。業務用スーパーをあえて利用する個人客の人間模様を描く内容で、客として登場した5人が、番組スタッフである男性ディレクター(49)の知人だった。男性ディレクターは事前に取材場所や日程を教え、店では初対面を装っていた。

 この企画は、同局の関連会社「テレビ朝日映像」が制作したもので、テレビ朝日系の14局でオンエアされたという。

 担当した男性ディレクターは映画監督経験もあり、派遣会社からテレビ朝日映像に派遣されていた。昨年4月~今年3月に、問題となった企画を含め計13本の制作に携わった。同局の調査に対し、「番組づくりに自信がなくなっていた。知人に声を掛けることは演出として許されないが、明確な指示さえしなければいいのではないかと都合よく解釈した」と話しているという。

 会見に臨んだ篠塚浩常務は、「(やらせや仕込みと)指摘されても否定はできない不適切な演出だった」と謝罪し、企画の中止を発表した。

■ □ ■

 撮影にあたっては、テレビ朝日映像から出された企画提案をもとに、企画会議が行われる。とっぴな内容や、撮影が困難を極めると想像される場合には見直しが求められることもあるが、今回の企画案はテレビ朝日も了承した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ