PR

エンタメ エンタメ

台風被害で急遽パレード延期 即位の礼特番、各局対応追われ

即位礼正殿の儀」で天皇陛下が昇られる玉座「高御座」の組み立て作業。奥は「御帳台」=宮殿・松の間
即位礼正殿の儀」で天皇陛下が昇られる玉座「高御座」の組み立て作業。奥は「御帳台」=宮殿・松の間
その他の写真を見る(1/2枚)

 ■8Kカメラ18台/完全生中継/各地イベントも

 天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿の儀」が22日、行われる。当初はその後に、パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が実施される予定だったが、政府が台風19号の対応に全力を期すため、急遽(きゅうきょ)来月に延期されることに。変更を受け、パレードの生中継を予定していた各テレビ局は対応に追われた。(森本昌彦、石井那納子)

 「この日を機会に天皇陛下は上皇さまから何を受け継ぎ、どのような象徴天皇像を築き上げようとされているのか、そして今後の皇室の課題とは何かを掘り下げて考えたい」

 22日午前から「即位礼特設ニュース」で即位の礼を伝える予定のNHKは、担当者がこうコメントした。

 午前中は天照大神がまつられている賢所(かしこどころ)に即位したことを告げられる「賢所大前(おおまえ)の儀」の様子を中心に、天皇、皇后両陛下のこれまでの歩みを振り返る映像や、学識経験者、記者による解説などを交え、歴史に残る一日の始まりを多角的に伝える予定という。

 午後1時からの「即位礼正殿の儀」には、高精細の8Kカメラ18台を投入し、儀式の様子を中継する。国内外の賓客を招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」前には、参列者の顔ぶれについて日本と各国の関係とも照らし合わせて紹介される予定だ。

 即位の礼を前に、記録的な大雨をもたらした台風19号は日本各地に甚大な被害を残した。政府は被害が収束していない現状でパレードを開くべきではないと判断。18日の閣議で、延期して11月10日に実施することを決定した。11月14、15日に行われる皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」を前に行う必要があるとの判断があったとみられている。

 パレードの延期が直前になって決まったことで、民放各局も対応に追われたが、それぞれ特色のある番組を準備している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ