PR

エンタメ エンタメ

「即位礼正殿の儀」完全生中継 バイキング×グッディ×Live News初合体

十二単を体験した上白石萌音(C)フジテレビ
十二単を体験した上白石萌音(C)フジテレビ

 天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」が行われる22日、フジテレビは坂上忍MCの昼のバラエティー番組「バイキング」と安藤優子、高橋克実がキャスターを務める情報番組「直撃LIVEグッディ!」がFNNの報道番組「Live News」と初の”合体”。 「バイキング×グッディ!×FNN Live News即位の礼SP」として同日午前11時55分から生放送する。坂上は放送中に報道特番のスタジオへ移動するなど、バラエティーと情報・報道番組が一体となり、約5時間の完全生中継となる。

 番組のスペシャルリポーターは、女優の上白石萌音(21)が務め、「即位礼正殿の儀」で雅子さまが26年ぶりに着用される「十二単(ひとえ)」に注目する。

また、1915年に行われた大正天皇の即位の礼で実際に着用された十二単も見学。専門家から由来などについても話を聞く。

 そのほか、番組では「即位礼正殿の儀」が行われる皇居宮殿を模型で完全再現。皇族方や来日した各国の元首らの宮殿内での位置関係を分かりやすく伝える。

 上白石は、十二単を実際に体験して「徐々に重力がのしかかっている感じ。何時間も過ごすとなると、相当体に負担がかかると思います」と感想。大正時代にも触れることができ「大切な日を迎えるために、いろいろな思いや祈りが込められていることを知り、日本文化のすてきなところだと思った。一つ一つに命を宿しているような気がして、雅(みやび)ですね」とにっこり。「人生のなかでその瞬間に立ち会えることはなかなかない。すごくメモリアルな日になると思います」と生放送に臨む意気込みを語っていた。

 同局の勝又隆幸チーフプロデューサーは「数十年に一度という日本の皇室の大イベントを国民の祝日に放送するにあたり、フジテレビとしては令和の時代に活躍する若い世代も含め、あらゆる層の人たちに見ていただきたいと感じた。特にこれからを生きる若い世代に関心をもってもらうための伝え手として上白石さんにご出演をお願いした。十二単の取材を通じた彼女の等身大のコメントにも注目して見ていただければ」と語っていた。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ