PR

エンタメ エンタメ

「失踪日記」の漫画家、吾妻ひでおさん死去

死去した吾妻ひでおさん
死去した吾妻ひでおさん
その他の写真を見る(1/2枚)

 「失踪日記」などで知られる漫画家の吾妻ひでお(あづま・ひでお、本名・日出夫=ひでお)さんが13日死去した。69歳だった。葬儀・告別式は近親者で行った。食道がんの治療中だった。

 昭和44年にデビュー。「ななこSOS」など美少女を描いた作品や、「ふたりと5人」などのギャグ漫画、SF・不条理をテーマにした「不条理日記」など幅広い作風で知られた。

 平成17年、失踪やアルコール依存症など自身の壮絶な実体験を描いた「失踪日記」がロングセラーに。日本漫画家協会賞大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞などを相次ぎ受賞した。

 一貫して美少女を描き続け、日本のポップカルチャーの源流の一人として近年再評価が進んでいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ