PR

エンタメ エンタメ

ケンシロウ、ツイート読む 新聞広告キャンペーン

「北斗の拳」の主人公ケンシロウを起用した広告(日本新聞協会提供)
「北斗の拳」の主人公ケンシロウを起用した広告(日本新聞協会提供)

 日本新聞協会は12日、漫画やアニメで人気の「北斗の拳」の主人公ケンシロウが、ツイッターの投稿メッセージを読み上げるキャンペーンを実施する。対象は同日中に投稿し、選ばれたツイート。14日には「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のドロンジョの声で実施する。

 当日午後7時までに投稿されたツイートの中から、声優が実際に読み上げる。ツイッターで投稿する際、12日は「#ぺちゃくちゃ新聞広告」と「#ケンシロウ」を付ける。14日はケンシロウではなく「#ドロンジョ」を付ける。ツイートを読み上げた動画は特設サイト「#ぺちゃくちゃ新聞広告」で22日まで公開。

 15~21日の新聞週間に合わせたキャンペーン。新聞協会に加盟する新聞の12日付や14日付の広告紙面に登場する可能性がある。広告に描かれた両キャラクターの口の部分に2次元コードがあり、スマートフォンで読み取ると画面上で動画が再生。キャラクターが「投稿してくれたメッセージを、ぺちゃくちゃしていこうと考えている。言いたいことはないか」などと話し始める。

 協会の担当者は「新聞広告を起点に、ウェブやSNS(会員制交流サイト)に広がる新しい体験を提供したい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ