PR

エンタメ エンタメ

NHK経営委員長「郵政副社長が不満」 かんぽ報道めぐる厳重注意 衆院予算委

衆院予算委員会で答弁に臨むNHK経営委員会・石原進委員長=11日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁に臨むNHK経営委員会・石原進委員長=11日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 石原進NHK経営委員長(JR九州相談役)は11日の衆院予算委員会に参考人として出席し、かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK番組をめぐり、日本郵政グループの抗議を受けた後、上田良一NHK会長を厳重注意するまでの経緯を説明した。

 石原氏によると、日本郵政の鈴木康雄上級副社長が昨年9月、経営委への申し入れのため、森下俊三委員長職務代行者(阪神高速道路会長)を訪れた。石原氏は「鈴木氏がNHKのガバナンス(企業統治)と、(昨年7月の郵政からの動画削除要請に対する)答えがないことに不満を持っていた」と話した。

 石原氏はNHKのガバナンスについて「(番組放送後に)現場のチーフプロデューサーが郵政側に『会長に番組の制作権はない』と話した。社員に対する教育が欠けていた」と述べた。立憲民主など統一会派の小川淳也氏に対する答弁。

 郵政側は昨年7月、不正販売の情報提供を呼びかける動画の削除を求め、上田会長あてに抗議文を送付した。同年10月には経営委に文書でガバナンス強化を求めた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ