PR

エンタメ エンタメ

秋田の「わらび座」 年間25万人も集客する理由

新作ミュージカル「いつだって青空」から。米国留学帰りの井口阿くり(中央)が教え子にブルマーを伝え、体操やダンスを教える(わらび座提供)
新作ミュージカル「いつだって青空」から。米国留学帰りの井口阿くり(中央)が教え子にブルマーを伝え、体操やダンスを教える(わらび座提供)
その他の写真を見る(1/5枚)

 秋田を拠点に、民族芸能を軸にしたオリジナル作品を70年近く発信し続けてきた劇団「わらび座」。その本拠地「わらび劇場」(秋田県仙北市)が、開場45周年を迎えた。当初は「熊や猿に芝居を見せるのか」とまで言われた田んぼの中の劇場だったが、今や劇場を擁する「あきた芸術村」と全国公演に、年25万人が足を運ぶ。文化の東京一極集中が解消されない中、気を吐くわらび座の秘密を探った。(飯塚友子)

一流の「ローカル」作品へのこだわり

 客席数約670の「わらび劇場」で今年、上演されている新作は「いつだって青空~ブルマー先生の夢~」(栗城宏演出)。明治時代、米国留学から帰国後、日本女性にスポーツとブルマーを伝えた秋田出身の教育者、井口(いのくち)阿くり(1870~1931)の奮闘を描くミュージカルだ。

 “良妻賢母”が求められていた時代、着物から解放されたブルマー姿の女子生徒と、井口(鈴木潤子)がはつらつとダンスや体操に励む場面など、ミュージカルとして見どころ満載だ。パラリンピックを前に、「日本女子体育の母」の歴史秘話を伝え、また井口が地元・秋田音頭を披露すると、客席は一層の盛り上がりを見せた。

 脚本・作詞は劇団四季出身で、黒澤明監督の代表作「生きる」の舞台版脚本などが高く評価されている劇作家、高橋知伽江(ちかえ)。過去も、わらび座の創作には、脚本家のジェームス三木氏や作家の内館牧子氏、舞台美術家の妹尾河童氏ら、第一線で活躍する演劇人を迎え、新作を発信し続けてきた。東京で俳優を寄せ集め、短期の稽古で作る舞台と違い、わらび座は自前の養成所で育てた俳優を使い、構想から数年がかりの準備期間を経て、創作に集中できる環境がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ