PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】イエスタデイ

 握りしめて隠しておきたい、小さな宝石のような作品だ。

 突然、世界からビートルズの存在が消える。記憶のあるシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、彼らの歌を自分が作った曲として歌ってスターの階段を上る。

 幼なじみのエリー(リリー・ジェームズ)との純情な恋の行方が物語の重要な柱なので、ビートルズを知らなくても楽しめる。なにしろ、脚本は“ラブコメの達人”リチャード・カーティス。監督はアカデミー受賞者で英国を代表するダニー・ボイル。

 11日から、東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田など全国で公開。1時間56分。(健)

 ★★★★☆(★5傑作 4見応え十分 3楽しめる 2惜しい 1がっかり ☆は半分)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ