PR

エンタメ エンタメ

世界オセロ選手権が開幕、東京で23年ぶり 香港騒乱を回避

 今大会は当初、香港で開催されることが決まっていたが、逃亡犯条例改正案をめぐるデモの混乱で、出場選手の渡航や安全などを考慮した世界オセロ連盟が、9月11日に中止を決定。代替地を探す中、開催実績がある日本に決まった。平成28年に、オセロを考案した長谷川五郎さん(同年死去)の出身地、水戸市で開催されて以来3年ぶりの日本開催となった。

 今大会の予選は部門ごとに分けず2日間で13試合を行う。その結果、最終日(11日)に部門別の上位者による決勝トーナメントを実施する。予選の持ち時間はそれぞれ30分、決勝は40分。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ