PR

エンタメ エンタメ

世界オセロ選手権が開幕、東京で23年ぶり 香港騒乱を回避

第43回世界オセロ選手権の予選がスタート。「小学生グランプリ」を勝ち抜いて出場の日本代表・薬師寺健太君(右)の対局には、メディアも注目
第43回世界オセロ選手権の予選がスタート。「小学生グランプリ」を勝ち抜いて出場の日本代表・薬師寺健太君(右)の対局には、メディアも注目

 ボードゲーム、オセロの世界一を決める「第43回世界オセロ選手権」が9日、東京都新宿区で始まった。当初、香港で開催される予定だったが、逃亡犯条例改正案をめぐるデモの混乱により、23年ぶりに東京都内での開催となった。優勝賞金50万円をかけ、11日まで激しい戦いが繰り広げられる。

 今大会には23の国と地域から74人が参加。無差別・女子・ユースの個人3部門と、国別対抗戦がある。最年少は米国代表の7歳、最高齢は69歳のイスラエル選手。

 無差別部門には、過去5度の優勝がある高梨悠介さんと第41回大会で準Vの高橋晃大さん、そして初出場の佐谷哲さんが国内大会を勝ち上がり参戦。女子部門には乗光歩さん、15歳以下のユース部門には小学4年の薬師寺健太さんが出場。昨年の大会では、小学5年生だった福地啓介君が無差別部門で優勝、11歳128日で最年少記録を更新して話題になった。 

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ