PR

エンタメ エンタメ

バレエで“和”の世界観を体現 熊川哲也の「マダム・バタフライ」

マダム・バタフライ役の矢内千夏とピンカートン役の堀内將平?Hidemi Seto
マダム・バタフライ役の矢内千夏とピンカートン役の堀内將平?Hidemi Seto

 日本的な“和”を、西洋のクラシック・バレエでどう表現するか-。東京・Bunkamuraオーチャードホールで9月27日に世界初演された「マダム・バタフライ」(Kバレエ カンパニー)。熊川哲也芸術監督が、プッチーニの名作オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」をオリジナルの全幕バレエに仕立てた直したものだ。興味津々で出かけた舞台は、驚くほどに日本らしさに満ちあふれていた。

 熊川は2年前に、初の完全オリジナル作品「クレオパトラ」を世に送り出し、高い評価を得ているが、今回も観客の期待を裏切らない舞台を創造していた。

 第1幕の底抜けに明るい米国を舞台にしたシーンでは、兵士らの男性群舞が目を引いていた。一転して、薄暗がりの中に浮かび上がる長崎の遊郭街。中村祥子の花魁(おいらん)道中の踊りでは妖艶さが醸し出され、その堂々たる姿は花魁そのものだった。

 花魁道中を、バレエで一体どう表現するのか? 内心ワクワクしながら中村の登場を待っていた。なんとトウシューズを高下駄(げた)に見立て、八文字(はちもんじ)にステップを踏んだ後にポワントで立ち上がるという動きを繰り返しながら前進。確かに花魁道中に見える。“その手があったか”と思わずうなってしまった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ