PR

エンタメ エンタメ

川口春奈のせっかちぶりに“仏”の内村光良は? 「怒られ履歴書」

相反する性格の!?川口春奈と内村光良(C)フジテレビ
相反する性格の!?川口春奈と内村光良(C)フジテレビ

 女優の川口春奈(24)が、9日放送の「怒られ履歴書」(後9・0)でフジテレビのバラエティー番組の司会に初挑戦する。

 人間を成長させるもの…それは“怒られる経験”なのではないだろうか。パワハラが社会問題となっている昨今とはいえ、信頼関係が成り立った上での“怒られ”はやはり大切なのでは?

 スタジオにはアンミカ、IKKO、出川哲朗、長嶋一茂の4人の“怒られゲスト”が登場。自分の人生で記憶に残る“怒られ”を年表にまとめ、同じく司会を務める内村光良(55)、川口をはじめ、“履歴書マスター”である劇団ひとりを中心に梅沢富美男、大久保佳代子、飯尾和樹(ずん)ら個性豊かなパネラーたちに披露していく。

 「何があって怒られたのか?」「怒られて、どう成長したのか?」などそのエピソードに迫り、怒られることによって変化したゲストの人生“ビフォーアフター”が見どころだ。

 初挑戦の川口は終始緊張気味だったが、収録後、司会のベテランである内村とともに取材に応じた。SNSでの飾らない姿や言動が好感を持たれている川口と温厚なイメージの内村。“怒る、怒られ”に無縁そうな2人だが、川口が意外な素顔を見せる。

 --まず、収録の感想をお願いします

 内村「こうやって怒られてこの人は成功したのかと参考になる番組。私もこうやって怒られたことがあったなと自分との共通点を見つけられる番組です」

 川口「チクチク言われてむかつく人も多いと思うけど、それらがちりも積もってあとでよかったと思えるので、普段怒られることはあまりないが、叱ってくれる人、怒ってくれる人をこれから大事にしようと改めて思いました」

 --川口さんの初司会ぶりは?

 内村「大抜擢、すばらしいですね(笑)。春奈ちゃんとはデビューしたばかりの頃に映画『ボクたちの交換日記』(2013年)の監督と演者という立場で…それ以来なので感慨深いものがあった。随分と時が経ったなと思っていて、いくつになったの?と聞いたら24と。まだ24かい、と(笑)一緒に司会ができてうれしかったですね」

 川口「いつもポケーッと座っているだけなので、司会の人がこんなにしゃべることがあるとは。大尊敬。“仏の内村さん”に噛んでも怒られなかったのでよかったです」

 内村「(笑って)怒らないよ」

 --ゲストの印象的なエピソードは何かありますか

 内村「アンミカさんがパリで『あなた、センスがないわ。自分の着ているものが分かっていない』と言われ、それから一念発起して1年後にパリコレに出ているというあの根性…その人の一言が強烈でした」

 川口「全部の逆境をポジティブに明るくとらえるというその生きざまがすばらしいなと思いました」

 内村「春奈ちゃんと一茂さんとの“せっかち”という意外な共通点も見つかりました(笑)」

 --川口さんはせっかちなのですか?

 川口「そうですね。気が短いと思う。コンビニへ行くと、自分で袋に入れちゃったり、バーコードでピッと自分でやっちゃったりします」

 内村「えー、マジで!?」

 川口「なるべく早く済ませたい」

 内村「でも、そのあと用事ないでしょ?」

 川口「ないです(大笑い)」

 内村「本当にせっかちなんだね。早くお店から出たいんだね。おれ、絶対待つけどな。何があってもずっと待つけどな。(春奈ちゃんの)本性が、まだね、100出てないですからね(笑)。1回目じゃ分かりませんよ、まだ」

 --怒られエピソードは何かありますか?

 内村「中学のとき、僕はちょっと口角が上がっているのでニヤついていると勘違いされたのか(笑)ぶたれたことがある。掃除を怠ったとかそういう理由もあったと思うけど、厳しい先生でしたね」

 川口「ドタキャンが私、結構多いので、日々いろんな方々にご迷惑をおかけして怒られている。でも直さないという…」

 内村「直さないんかい(笑)。みんな優しいんだね。優しい人に守られていますね」

 初回からはじけた収録で、スタジオ内は爆笑の連続。今後レギュラー化も期待できそうだが、内村は「何回かやって定着していけば。人間だからいっぱいエピソードがあると思います」と自身も気持ちを乗せた。

 企画した同局の赤池洋文さんは「他人の怒られた話って客観的に聞くと思わず笑っちゃうものが多い(笑)。司会は“怒られ”のテーマから一番遠そうな人にやっていただきたいと思い、怒った姿がまったく想像できない内村さんに。そして隣には新たな試みとしてバラエティーの司会をほとんどやったことのない女優さんをと思い川口さんにお願いしました。意外性抜群の2人がどのような掛け合いを見せるのか必見です」と話している。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ