PR

エンタメ エンタメ

玉城ティナ誕生日サプライズに驚く 「ドラマ甲子園」大賞作品完成

同世代で仲良く作品を完成させた(左から)伊藤佑里香監督、玉城ティナ、坂東龍汰、堀田真由=東京・台場のフジテレビ内マルチシアター
同世代で仲良く作品を完成させた(左から)伊藤佑里香監督、玉城ティナ、坂東龍汰、堀田真由=東京・台場のフジテレビ内マルチシアター

 高校生を対象にした脚本を募集する「ドラマ甲子園」の第6回大賞受賞作品「受験ゾンビ」の完成披露試写会が4日、東京・台場のフジテレビ内マルチシアターで行われた。

 昨年10月からCS放送フジテレビONE/TWO/NEXTで募集した多くの応募作品の中から選ばれたのは、愛知県在住の高校3年生、伊藤佑里香さんによる脚本作品。伊藤さん自らが演出を務め、プロのスタッフがサポート。キャストは、主演に玉城ティナ、共演に坂東龍汰、堀田真由、柄本時生ら個性豊かな俳優がそろった。

 内容は、受験勉強で忙しい夏休みの後半“受験のストレスでゾンビになる”というユニークな設定の中、高校生たちのリアルな悩みなどを描いた群像劇である。

 衝撃的な内容の試写会のあと、伊藤監督をはじめ、玉城、坂東、堀田が登壇した。

 これまでも趣味で自主映画を制作していたという伊藤監督は、初メガホンとなったドラマを振り返り「自分でいうのも何ですが(笑)すごく面白い作品になった。想像以上の出来」と素直に喜び、特に熱量あふれるラストシーン、キャラクターのそれぞれの独白シーンを薦めた。

 伊藤監督の演出ぶりに、玉城は「まったく違和感がなかった。日に日に監督の意思が感じられたし、監督へのリスペクトを忘れず、今回は制作側にも立たせてもらった感じ」と話した。

 坂東は「いい芝居をしたとき『よかったです!』と言われてうれしかった(笑)。コミュニケーションの絶えない現場だった」、堀田も「監督のオリジナル脚本なので、それぞれのキャラクターに愛がある。同世代の現場で初心に戻った感じ、絆も生まれた」と笑顔で語った。

 今月8日で22歳になる玉城のバースデーサプライズも用意され、撮影現場の雰囲気がそのまま伝わる和やかな完成披露試写会となった。

 ドラマは、20日午後11時からCSフジテレビTWOドラマ・アニメで放送される。メイキング番組「号泣ゾンビ~女子高生監督、もう一歩の覚悟~」も随時放送中。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ