PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】蜜蜂と遠雷

 ピアノコンクールを舞台に、若いピアニストたちの葛藤と成長を描いた恩田陸(りく)の直木賞受賞作を、松岡茉優(まゆ)、松坂桃李(とおり)、森崎ウィン、鈴鹿央士(おうじ)とフレッシュな俳優陣で映画化。それぞれの演奏は、藤田真央(まお)ら4人のピアニストが担当しているのも話題だ。

 監督は「愚行録」(平成29年)の石川慶(けい)。脚本、編集も手がけ、ヒロインである栄伝(えいでん)(松岡)の心象を極めて独特で抽象的な映像で描く。家族に応援される高島(松坂)を温かく描くなど、人間ドラマに手厚い。音楽がもう少し前に出てもよかったか。

 4日から東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田などで全国公開。1時間58分。(健)

 ★★★☆(★5傑作 4見応え十分 3楽しめる 2惜しい 1がっかり ☆は半分)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ