PR

エンタメ エンタメ

沖澤のどかさん優勝 ブザンソン国際指揮者コンクール 小澤征爾さんら輩出

ブザンソン国際若手指揮者コンクールの決勝で指揮する沖澤のどかさん(中央)=21日、フランス・ブザンソン(共同)
ブザンソン国際若手指揮者コンクールの決勝で指揮する沖澤のどかさん(中央)=21日、フランス・ブザンソン(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【パリ=三井美奈】フランスのブザンソン国際若手指揮者コンクールで21日、青森県出身の沖澤のどかさん(32)が優勝した。同コンクールは1959年に小澤征爾さんが優勝した若手指揮者の登竜門。日本人の優勝は10人目になる。

 沖澤さんは21日、中国、フランスからの参加者とともに3人で決勝に進出。課題曲のシュトラウスの交響詩「死と変容」を指揮した。本紙の電話取材で、「指揮はうまくいかないところもあったので、優勝者として名前が呼ばれた瞬間、興奮状態で実感がわきませんでした。大きなコンクールで優勝できたのは、本当にうれしい。十年以上支えてくれた家族、結果が出ない時も励ましてくれた先生や友人のおかげ。これからも自分のペースで、音楽活動を続けたい」と話した。

 沖澤さんは東京芸大指揮科を卒業。同大大学院を修了後、ドイツのハンス・アイスラー大学に留学し、現在もベルリンを拠点に活躍している。昨年には東京国際音楽コンクールの指揮部門で、女性として初めて優勝した。

 ブザンソン指揮者コンクールは1951年に創設。小澤さんに続き、松尾葉子さん(82年)、佐渡裕さん(89年)、山田和樹さん(2009年)らが優勝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ