PR

エンタメ エンタメ

TDL新エリアは来年4月15日  「美女と野獣」テーマに新施設

来年4月にオープンする各施設のイメージ(c)Disney
来年4月にオープンする各施設のイメージ(c)Disney
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは19日、東京ディズニーランド(TDL)の新エリア「ニューファンタジーランド」を令和2年4月15日にオープンすると発表した。

 新エリアは現在の「ホーンテッドマンション」などのあるファンタジーランドを拡張する。ディズニー映画「美女と野獣」をテーマにした大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」や屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」などができる。

 同時に「スペース・マウンテン」などがあるトゥモローランドには、映画「ベイマックス」をテーマにしたアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、トゥーンタウンには、ミニーマウスと出会うことができる「ミニーのスタイルスタジオ」といった新施設が登場する。

 オリエンタルランドによると、総投資額は約750億円にのぼり、TDL史上最大の開発になるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ