PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】HELLO WORLD

 あらゆる出来事が記録され、データとして蓄積される2027年の京都。内気な高校生、堅書(かたがき)直実(声・北村匠海(たくみ))の前に10年後からきた自分(同・松坂桃李)が現れ、同級生の一行(いちぎょう)瑠璃(同・浜辺美波)との恋を応援すると告げる。

 世界が、あるいは宇宙が多層的であるとしたSF物語は本格的。その分、やや難解な一面も。また、直実と瑠璃の気持ちの変化がもう少し鮮やかだと、より感情移入しやすいか。Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)の音楽が印象的で、全体に伊藤智彦監督の意欲が感じられる。

 20日から東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田などで全国公開。1時間38分。(健)

 ★★★☆(★5傑作 4見応え十分 3楽しめる 2惜しい 1がっかり ☆は半分)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ