PR

エンタメ エンタメ

「人間失格 太宰治と3人の女たち」蜷川実花監督 文豪への畏敬を映像に

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」から太宰治(小栗旬、右)と妻の美知子(宮沢りえ)(提供写真)
映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」から太宰治(小栗旬、右)と妻の美知子(宮沢りえ)(提供写真)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「人間失格 太宰治と3人の女たち」は、蜷川(にながわ)実花監督(46)が文豪、太宰治(1909~48年)の半生を、独特の色彩感覚で鮮烈に描く話題作だ。いわば、小説のためにすべてを捨てた太宰に対し、同じ創作者として蜷川監督が抱いた思いが、作品には投影されている。(石井健)

 小説「人間失格」を映画にするはずだった。太宰が、死の直前に書き上げた代表作だ。だが、準備のため調べるうちに、文豪の人生のほうに興味が向いた。中でも妻と2人の愛人が残した手記に刺激された。

 また、同じ創作者なのに自分とはまったく違う太宰の生き方に、あこがれと畏れを同時に抱いた。

 その結果、小栗旬(36)演じる太宰と妻の美知子(宮沢りえ)、静子(沢尻エリカ)と富栄(二階堂ふみ)という2人の愛人との愛憎模様と、作家としての尽きることのない創作意欲という2点から太宰という人間の強さと弱さを描く作品が生まれた。

 太宰は身重の美知子と2人の子供がいながら、恋と自殺未遂を繰り返す。妻はそれでも太宰を支え、その励ましで太宰は「人間失格」の執筆に取りかかる。

 蜷川監督は、太宰が同作を執筆する場面を、筆が進むほどに太宰を残して書斎が解体されていく映像にした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ