PR

エンタメ エンタメ

【長野放送・アナウンサーコラム】「信州の魅力を再発見」 汾陽美樹

汾陽美樹アナ
汾陽美樹アナ

 厳しい残暑が続く中、朝晩はだいぶ涼しくなり、秋の訪れを感じる今日この頃。皆さん、今年の夏はどのように過ごしましたか。私は、職場の仲間と白馬村に行き、大自然の中でキャニオニングを体験しました。

 キャニオニングとは、ウエットスーツを着て、澄んだ水の渓谷を下りながら、滝つぼに飛び込んだり、岩でできた天然の滑り台を滑り降りたりするアクティビティです。8月中旬にツアーに参加しましたが、北アルプスの雪解け水は13度ほどでとても冷たく、今年の猛暑を忘れるほどの涼しさでした。

 キャニオニングの醍醐味(だいごみ)といえば、6~7メートルの高さの崖からの大ジャンプ。勇気を出して踏み切り、大きな水しぶきを上げながら勢いよく水面にダイブした後は、何とも言えない達成感。スリル満点で、予想をはるかに超える恐怖と楽しさを味わいました。

 木々の間から差し込む木漏れ日や透明な水、おいしい空気。この素晴らしい大自然こそ、信州の魅力ですよね。心身ともにリフレッシュしながら、夏の信州をおもいっきり満喫できました。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ