PR

エンタメ エンタメ

キンプリ・永瀬 ドラマ初主演作の会見で爆笑回答の連続

永瀬廉(中央)、北村匠海(右から2人目)、黒島結菜(左から2人目)らチームワークばっちりの出演者たち=東京・砧の東京メディアシティ
永瀬廉(中央)、北村匠海(右から2人目)、黒島結菜(左から2人目)らチームワークばっちりの出演者たち=東京・砧の東京メディアシティ

 人気グループ、King&Princeの永瀬廉(20)がドラマ初主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマスペシャル「FLY!BOYS、FLY! 僕たち、CAはじめました」(24日放送、後9・0)の制作発表が10日、東京・砧の東京メディアシティで開かれ、永瀬の“ボケ”ぶりに会場は大いに沸いた。

 ドラマは、空の上で起こる予想外のトラブルの連続に、新人男性客室乗務員(CA)たちが自分らしくどう輝いていけるか模索しながら成長していく感動物語。

 まずは“座長”という立場に「すばらしい仲間とスタッフに囲まれ気負わず、自分らしく、ありのままにやらせていただいた」と永瀬。落ち着いた受け答えに、当初は淡々と会見が進められたが、「休みが取れたら飛行機でどこへ行きたいか」という質問が投げかけられると、「JAPAN! 箱根」と珍答。ややあって「オーストラリア! ラフティング(川下り)をやりたい」と続けた。

 そして、同世代の出演者となる北村匠海、黒島結菜(ゆいな)、岐洲(きず)匠、小越(おごえ)勇輝が答えると、それぞれにツッコミを入れる。北村が「フィンランド」というと、フィリピンと勘違いした永瀬は「バナナも好きやん」とまた珍答。こんな感じで周囲を爆笑の渦に巻き込んだ。

 永瀬の役名は、朝川千空(ちから)。まさにイニシャル“CA”。自身で天職と信じ、楽天家でやや抜けている部分もあるが、訓練生として頑張る姿を描いていく。

 また、サブタイトルの“はじめました”に絡めて、最近スタートさせたことは、プロテインの体作りなど。周囲から「顔、やせたね」と言われることが多くなり「マジかあ。肉、つけよ」と思ったという。その答え方もいちいち面白く、共演者の回答にもさらに絡んでいた。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ