PR

エンタメ エンタメ

野口飛行士「シャアザクの感じ出ている」 宇宙行きガンプラ視察

お披露目された「ガンダム」と「シャアザク」を前に説明を受ける野口聡一さん(左)と金井宣茂さん(左から3番目)=4日、静岡市葵区(石原颯撮影)
お披露目された「ガンダム」と「シャアザク」を前に説明を受ける野口聡一さん(左)と金井宣茂さん(左から3番目)=4日、静岡市葵区(石原颯撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するロボットの小型模型を宇宙に運ぶプロジェクトに参加している宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、野口聡一さんと金井宣茂さんが4日、生産拠点となっているバンダイホビーセンター(静岡市葵区)を訪れた。同プロジェクトは、2020年東京五輪・パラリンピックの応援に活用する計画で進行している。

 大会組織委員会が東大などと協力し、五輪・パラを盛り上げるために高さ約9センチの「ガンダム」と「シャアザク」の小型模型を東京大の超小型衛星に搭載し模型を宇宙空間に露出させる計画。来年3~4月に国際宇宙ステーション(ISS)から衛星を放出する予定で五輪やパラの応援に活用される。

 野口さんらは同計画の小型模型制作を担当するバンダイスピリッツの山中信弘さんの案内で小型模型の生産工程を見学。両者ともガンダムのファンで“ガンプラ”にも親しみがあるということもあり、熱心に質問を繰り返していた。

 見学後の意見交換会では実際に宇宙に露出されるガンダムとシャアザクがお披露目に。山中さんから過酷な宇宙空間に耐えられる樹脂の選定や塗料の上に塗るコーティング剤に工夫を重ねて誕生したことが説明された。

 野口さんは「シャアザクのくすんだ感じがうまく出ている」と感銘。金井さんは「子供の頃の夢に戻れるようなプロジェクトだ」と目を輝かせていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ