PR

エンタメ エンタメ

Snow Man ジャニーズらしからぬ!?芸人たちとの本気バトル

MCの西野亮廣の後方でスタンバイするSnow Man(左側)(C)フジテレビ
MCの西野亮廣の後方でスタンバイするSnow Man(左側)(C)フジテレビ

 ジャニーズJr.内のユニット、Snow Manが未来の“真のスター”を目指し、若手芸人たちと本気バトルを繰り広げる22世紀計画「7G~SEVENTH GENERATION~」が30日深夜1時35分からフジテレビ(関東ローカル)で放送される。

 平成から令和になった今、バラエティー界には“第7世代”と呼ばれる実力派ぞろいの芸人たちがひしめきあっている。ジャニーズアイドルとそんなお笑い芸人たちが勝負する特別企画。今回は、2017年のM-1決勝に進出した漫才コンビ、さや香。自身のYouTubeチャンネルで登録者数20万人を超える人気のトリオ、四千頭身、高学歴のインテリ漫才コンビ、さすらいラビーが“参戦”。

 番組のテーマは、ズバリ「ゴールデンで通用するタレントになるために、頑張る」。MCの西野亮廣(キングコング)から「結果を出せばうまくいくし、ダメなら“あいつらまだまだだな”となる」という厳しい一言で始まったオープニングトーク。だが、Snow Manはひるまない。

 地下鉄で移動中だったメンバーの目黒蓮は、車内でSnow Manが表紙を飾った雑誌の中吊り広告を見つけると、「自分のことに気付いてもらえないかな」とニヤついたエピソードを明かし、西野から「ガチ、痛いな」と突っ込まれてもトークを続行。

 宮舘涼太は「KC(亀梨クラブ)」にも属していると明かし、亀梨和也、山下智久、横尾渉と肩を並べていることで得意顔に。3人に負けないことは?と聞かれると「○○ができる」と即答。一同が爆笑したその回答は?

 一方、阿部亮平はジャニーズとは全く関係ないカズレーザー率いるある会に参加していると告白。約4時間かけて行っている“活動”に大盛り上がりを見せる。ハイクオリティーのエピソードやコメントに芸人たちも負けていられない…。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ