PR

エンタメ エンタメ

「2700」が舞台復帰 吉本興業、芸人の謹慎解除

公演に復帰した2700(左から八十島宏行、常道裕史)=東京都新宿区(加藤圭祐撮影)
公演に復帰した2700(左から八十島宏行、常道裕史)=東京都新宿区(加藤圭祐撮影)

 お笑い芸人が反社会勢力のパーティーなどに参加した問題で、吉本興業の芸人11人の謹慎処分が19日解除され、東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」の昼公演で、八十島宏行さんと常道裕史さんのコンビ「2700」が復帰した。2人は冒頭「ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げ、コントを披露した。

 同日は真栄田賢さんと内間政成さんのコンビ「スリムクラブ」と、くまだまさしさんも同じ劇場で芸能活動を再開する。

 謹慎が解除されたのは他にレイザーラモンHGさんや「ガリットチュウ」の福島善成さんら。11人とは別に、宮迫博之さんと田村亮さんは7月、問題への対応を巡って吉本を離れる意思を示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ