PR

エンタメ エンタメ

【日本高校ダンス部選手権】帝塚山学院 核のない平和な世界踊る

優勝が決まり、演技をする帝塚山学院高校(大阪府)=16日、横浜市のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
優勝が決まり、演技をする帝塚山学院高校(大阪府)=16日、横浜市のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 16日にダンスの聖地、パシフィコ横浜(横浜市)で開催された「第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」(産経新聞社ほか主催、エースコック特別協賛)の全国大会ビッグクラス。帝塚山(てづかやま)学院(大阪)は2年連続2回目の全国大会出場にして、初めての優勝に輝いた。順位が発表されると、部員らは抱き合いながら喜びを爆発させた。

 帝塚山学院は、芸術家の岡本太郎さんの作品「明日の神話」を題材に、核のない平和な世界に向かう様子を表現。キャプテンで3年の森本純生(あつみ)さん(17)は「戦争を経験していない世代が増えているので、戦争を繰り返してはいけないということを伝えたかった」と振り返る。

 黒のスカートの裏に隠した赤い布を出すシーンは、被爆した苦しみや悲しみから、平和の希望に燃える人々を表現した。美しい衣装と荘厳な曲に合わせて、長く伸びる腕をしなやかに動かし、息のあった動きで会場を圧倒した。

 森本さんは「学校名を呼ばれたときはびっくりした。とてもうれしい。部員同士の仲の良さが優勝の鍵」と笑顔で語った。

 準優勝の府立堺西(大阪)は、「旋律」をテーマに、テンポの速いピアノの音楽に合わせて踊ったが、目標だった優勝を逃して悔し涙を流した。

 部長で3年の米田雛乃(ひなの)さん(17)は「踊り終わったメンバーは良い笑顔をしていた。準優勝でもうれしい」と満足していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ