PR

エンタメ エンタメ

“Mr.逃走中”アンガ・田中は番組PR+足立梨花はスマホアプリ

後方のハンターとともに写真撮影に臨んだ田中卓志と足立梨花=東京・台場のフジテレビ
後方のハンターとともに写真撮影に臨んだ田中卓志と足立梨花=東京・台場のフジテレビ

 人気番組「逃走中」の放送開始15周年を記念し、番組最多出演を誇る田中卓志(43)=アンガールズ=が13日、東京・台場のフジテレビ内マルチシアターで開催された会見に出席。秋に放送される番組告知と初の試みとなる逃走者の一般公募、さらに初の書籍化の実施を発表した。

 「逃走中」は限られたエリアの中で、ハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるゲーム。小、中学生を中心に人気を博し“逃走中ごっこ”なるものも流行。放送にとどまらずイベント開催やグッズ化、海外版にリメイクされるなど多方面に展開している。

 自ら「Mr.逃走中です」と言って現れた田中は「芸歴19年近くで番組19回の登場ですよ、すごいんです。僕狙いの女子の応募、お待ちしております」と独身お笑いタレントらしいコメントで笑いを誘った。

 一般公募の詳細は、番組ホームページで。書籍「逃走中 オリジナルストーリー -参加者は小学生!?渋谷の街を逃げまくれ!-」は9月20日に発売される。

 会見では同時に、スマホアプリゲーム「逃走中【公式】ゲーム」の初公開も行われた。番組でハンターを送り込むゲームマスター候補生、青山シズカ役の足立梨花(26)も参加し、ゲームが大好きという足立は「アクション系やRPGものが好き。発売されるとウキウキして一日でクリアしてしまう。朝までやってしまってお肌によくないけど」と苦笑い。早速、公式ゲームを手に取り「AR(拡張現実)、超楽しいです」と興奮の面持ちでPRしていた。

 近日中にリリースされるゲームは、3つの新機能「歩数計と連動」「日本全国の公園(6万5897カ所)でARゲームがプレイでき、クリアすると特別アイテムの入手可能」「ランキング報酬に応じてdポイントを進呈」が特徴だ。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ