PR

エンタメ エンタメ

【吉本会見詳報(4)】「『全員クビ』は身内感覚から出た言葉」

一連の騒動に関する会見を開いた吉本興業の岡本昭彦社長=22日、東京都新宿区(尾崎修二撮影)
一連の騒動に関する会見を開いた吉本興業の岡本昭彦社長=22日、東京都新宿区(尾崎修二撮影)

 --社長の言葉で2人にその場で「テープは録っていないだろうな」と聞いたそうですが、どういう意味ですか

 岡本昭彦社長「6月24日、金銭をもらったということまではそこでわかったので、そういう…被害にあわれた方々のお金でもありますし、謹慎ということで、朝の9時くらいから、1回目のフライデーに出た4人と、2回目の7人の計11人に会社に来てもらって、別々の部屋で、謹慎ということと、発表するにあたってのリリースを見てもらうことと、その後のコメントの打ち合わせで、話を進めていた」

 「2回目の7人はスムーズだったが、1回目の4人の方は非常に時間がかかって、各局など関係各所に伝える時間が迫っていたので、彼ら4人がいるミーティングの部屋に僕も参加した。そこにはうちのスタッフと…」

 《リポーターが岡本社長の言葉を遮った》

 --大変申し訳ないけど、「テープは録っていないだろうな」という言葉には、社長のなかにテープが出されて困るという気持ちがあったのではないですか

 「『テープを録っているちゃうの?』というのは僕的には、ミーティングがなかなか進んでいなかったので、その、しゃべりにくいのか、環境が違うのか、なので、そのスタッフ4人に退出してもらって、彼ら(芸人)4人に冗談で言って」

 --冗談だったんですか

 「はい。冗談です、でも全く笑われることもなかったので…」

 --いちばん信頼関係を壊したのは、その言葉だったと思いますが

 「僕としましては、そこに至る経緯が、そもそもの彼ら(芸人たち)の(反社会的勢力から金銭を)もらっていないということから始まって、その後もらっているということになって、でも、その後も金額がなかなか判明しないこと、会社としては全力でやりながらも、どこかでお互いに不信感があるならば、それは良くないと思いながら、そういう冗談といいますか、和ませるといいますか、でもそういうことを…なんと言いますか…」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ