PR

エンタメ エンタメ

松本人志さん「吉本が壊れていく危機感」 吉本社長は22日会見へ

ダウンタウンの松本人志さん
ダウンタウンの松本人志さん

 吉本興業から契約解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)と、会合に参加したとして謹慎中の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)が20日に記者会見し謝罪、これまでの経緯を涙ながらに説明した。吉本所属タレントのトップ格であるダウンタウンの松本人志さん(55)が21日、フジテレビ系の「ワイドナショー」に出演し、「吉本は横暴になっているところがある。もう一回初心にかえって」などと語った。

 ワイドナショーは通常、録画番組だが、この日は20日の会見を受ける形で緊急生放送となった。MCを務める東野幸治さん(51)は「関係者の皆様にも本当に申し訳ございません」と謝罪。松本さんも「フジテレビさんにも、こんな生放送のスタンバイさせていただいて」などと話した。

 冒頭約20分間、前日の記者会見をまとめたVTRが流され、画面の隅にはMCを務める東野さんらの沈痛な表情がうつしだされ、番組は、SNS(会員制交流サイト)などで視聴者から質問も受けながら進行した。

 松本さんはこれまでの経緯を説明。「最初にフライデーが出たとき、宮迫に連絡したら(ギャラを)もらってないと言っていたので、『あのイベント、動画みたとき、ノーギャラとは思えない。世間の人は納得しない。反社と知らなかったということも疑われる』と言ったが。(その後は)あまりクビをつっこんでもややこしくなると」とし、「宮迫とも1カ月以上連絡とらず、公平にいようと」したという。

 その間、吉本から状況の説明を受けていたが、「分かった。そうか」と聞いていたという。

 ところが、20日の会見で「知らなかった事実があまりにも多すぎて。だまされたような気になって。このままじゃ吉本はよくない。発端は彼らかもしれないが、ここまで追い込んだ会社は絶対よくない。吉本興業は壊れていく、つぶれていく危機感は持った」「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」などと語った。

 さらに、松本さんは「自分が東京にきたころは(吉本の事務所は)赤坂のワンルームで黒電話2台ではじまった。そのときの気持ちに戻ればもっとみんなに愛される会社になる」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ