PR

エンタメ エンタメ

【元KAT-TUN初公判詳報】(3)小嶺被告、田口被告と逮捕後「一度会った」「交際続け結婚したい」

 《小嶺被告が事務所の運営に苦労する中で、精神疾患に対処する目的で大麻を使用していた経緯が明かされた。その一方で、精神科にも通院したという》

 弁護人「なぜ処方された薬を使おうとせず大麻にしたのですか」

 小嶺被告「薬を処方され飲んでいた時もありますが、舌が腫れたりしびれたりする副作用に悩んだことと、心の底から信頼できる先生に出会えませんでした」

 弁護人「大麻は悪いものだと知っていましたか」

 小嶺被告「知っていました」

 弁護人「止めようとは思わなかったんですか」

 小嶺被告「実際に止めようと思ったことはあります」

 弁護人「罪悪感はありましたか」

 小嶺被告「ありました」

 弁護人「止めようと田口被告と話したことはありますか」

 小嶺被告「何度もあります」

 弁護人「捕まったらどうしようとは思わなかったんですか」

 小嶺被告「どうしようという気持ちもありましたが、捕まらないのではという気持ちもありました」

 弁護人「なぜ捕まらないと思ったのですか」

 小嶺被告「独立して仕事量が減って、世間の注目も減ったように感じたからです」

 弁護人「今後大麻はどうしますか」

 小嶺被告「続けようとは思いません」

 弁護人「それはなぜですか」

 小嶺被告「今回こうなって、失ったものの大きさを痛感しているからです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ