PR

エンタメ エンタメ

武豊、高橋大輔らトップアスリートの背中を押した名曲は?

司会を務める森高千里(中央)、渡部建、加藤綾子(C)フジテレビ
司会を務める森高千里(中央)、渡部建、加藤綾子(C)フジテレビ

 4時間半の生放送で送る毎年恒例の「FNSうたの夏まつり」(24日後7・0、フジテレビ系)。

 9日、第2弾となる豪華出演者が発表されたが、放送日の24日は東京2020オリンピックまでちょうど1年を記念し「トップアスリートの背中を押した名曲」企画を実施。武豊、澤穂希、吉田沙保里、高橋大輔、松本薫、福原愛、大迫勇也、井上尚弥ら日本を代表するアスリートたちが登場。厳しい戦いのなかで彼ら、彼女らの背中を押した名曲は何か? 知られざるエピソードとともに名曲の数々をたっぷり紹介する。

 今回発表されたアーティストは、ソロデビューで話題になっている元キャンディーズの伊藤蘭が、音楽番組に41年ぶりに出演し「年下の男の子」を歌う。

 そのほか、AKB48、GLAY、欅坂46、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、THE ALFEE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、TUBE、東方神起、徳永英明、三浦大知、三浦春馬ら23組が出演する。

 ミュージカル企画には、劇団四季が出演するほか、「レ・ミゼラブル」カンパニー、城田優らの出演が決定した。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ