PR

エンタメ エンタメ

ジャニー喜多川社長 くも膜下出血で入院 事務所発表

ジャニー喜多川社長の容体などについて取材に応じる嵐の松本潤さん=7月1日、東京都港区(加藤圭祐撮影)
ジャニー喜多川社長の容体などについて取材に応じる嵐の松本潤さん=7月1日、東京都港区(加藤圭祐撮影)

 芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」のジャニー喜多川社長(87)がくも膜下出血のため、東京都内の病院に入院していると1日、同事務所が発表した。

 同事務所によると、喜多川社長は、先月18日午前11時半ごろ、体調の異変を訴えて都内の病院に救急搬送され、解離性脳動(どう)脈(みゃく)瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血と診断された。現在も入院しているという。

 同事務所は、「所属タレントたちは、ジャニーを元気づけたいという思いから、日々、病室を訪れております」と説明。「今もジャニーは必死に頑張っております。治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます」などとコメントしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ