PR

エンタメ エンタメ

ビートルズの契約書競売へ デビュー前、4000万円想定

競売に掛けられるビートルズの契約書。左中央のブライアン・エプスタインさんの署名欄が空欄となっている(サザビーズ提供・共同)
競売に掛けられるビートルズの契約書。左中央のブライアン・エプスタインさんの署名欄が空欄となっている(サザビーズ提供・共同)

 競売大手サザビーズは14日、ビートルズのメンバーらが1962年のデビュー前に、後にマネジャーとなる故ブライアン・エプスタインと交わした契約書を7月上旬に競売に掛けると発表した。落札額は最大30万ポンド(約4千万円)程度と予想している。

 サザビーズは「ビートルズ自体にとどまらず、60年代のポップカルチャーを変革した文書」であり、歴史的な価値があると強調している。

 サザビーズによると契約書は、62年10月5日に「ラヴ・ミー・ドゥ」でレコードデビューする前の同年1月24日付。署名したメンバー4人のうち、ドラム担当はリンゴ・スターさんではなく、デビュー前に解雇されたピート・ベストさんだった。エプスタインの署名欄は空欄のままとなっている。

 契約書はまた、バンドの収益の最高15%をエプスタインの報酬とすると規定。当初は20%だったが、ポール・マッカートニーさんが交渉して上限を下げたという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ